初心者でも分かるjcssの基礎知識

jcssとは、Japan Calinration Service Systemの略称のことをいいます。国家計量標準と言われる日本における計量法に基づく基準が確保され、ISOやIEC 17025に基づいたマネジメントシステム能力と技術的要件を満たす校正する事業者への登録や認定が実施されていることをいいます。登録のための審査は事業所からの申請に基づいて行われており、事業者の品質システムの運営は適切がどうか、校正する方法、見積もりの不確かさ、設備などを実施するうえで適切かなどの観点によりNITEが審査を行っています。審査を経て登録、認定されたJCSS登録事業者はその証として特別な標章の入ったJCSS標章、認定シンボル付きの校正証明書を発行することができます。

jcss校正のメリットにはなにがあるのか

国家計量標準とトレーサブルな流量値を測定することができ、その流量計が測定した流量を第三者に示したとしても信頼され巣証明となります。国家計量標準との計量計測トレーサビリティの証明を行うことができるため、各種監査などが行われた際に震災に対してその流量計のJCSS標章付校正証明書を見せるだけで計量計測トレーサビリティの証明をすることが可能です。もしもJCSSの標章が付いていないときには、証明するために多くの書類を必要とするため標章が歩かないかで大きく変わってきます。また、品質管理などでも正確な流量が必要な場合には、jcssを実施した校正時の不確かさが明確になるため品質管理にも有効で測定値がどの程度の不確かさを持っているかを把握する上でとても重要なことです。

jcssの活用法とはどんなものがあるのか

環境基準項目に対応した外出ガスの濃度管理では、計量証明書の提出を要求されます。その際に、JCSSの証明があれば軽量トレービリティの確保されたことなどを証明することができてとても便利です。ガス分析における計量証明では、大気汚染物質の環境への放出は固定発生源と移動発生源であるため長期的な監視が必要になります。その際にもJCSS校正による計測機器の精度管理を行うことで効果や特性などを正確に把握することができるためJCSSが必要となります。その他にも、科学的な分析方法の通則の際にJCSSを利用したり日本工業規格に明記されていたりと様々な場面で実際に必要となる場面が多いです。JCSSの登録、証明を取得しておくことで様々な場面で証明書として役立つことが多いです。

電気計器、証明用電気計器等の検定について、適正な料金、かつ正確な技術で実施し、社会に貢献しています。 JEMICは型式承認された電気計器等の検定・検査に実績があり、合格品におされる検定認印は信頼の証となっています。 創業120年以上を誇る経営力と、信頼と実績を積み重ねた確かな技術力で、これからの日本産業の発展に貢献します。 確かな技術のjcss校正