業種ごとに分けたjcssの活用方法

いろいろなものに信頼性が求められる時代です。必要があります、言葉だけで安心や有効と言っても信頼してもらえるわけではありません。信頼性を示すためには数値などによる明確な根拠を示す必要があります。根拠を示す試験では適正な計測器で行わなければいけません。適正な計測器であることを保証するために行われるのが精度管理です。精度管理は標準となるものとの比較によって行われます。それが校正です。校正で重要なことは適正な標準器を使っていることと適切な技能で行われていることです。それを実現できるのがjcss制度による校正サービスです。この制度を利用することで計量法トレーサビリティーを確保することができます。つまり校正の結果が法令に基づいた基準で保証されることになります。

医薬品や医療機器の品質のための校正

健康的な生活をおくるためには医療機関のサポートが欠かせません。医療機関で行われる処置には医薬品や医療機器がいろいろと使われています。その医薬品や医療機器は薬機法と言う法律によって規制されています。その法律では製造中の品質管理についての規制も規定されています。その規制の中で製造に使われる計器は適切に校正を行うこととその記録を作成して維持することが求められています。この「適切に」と言う表現を理解して校正を実施するためには、計量法トレーサビリティーの確保が妥当ということになります。医薬品や医療機器業界の製造管理や品質管理にはjcssの校正証明書の活用が有効です。その証明書だけで適切であることが証明できて記録として保管することで規制の要求を満たすことになります。

食品の加工業者で行う品質管理への活用

食品は健康へ大きな影響を与えます。そのためその衛生管理についてHACCPという手法があります。HACCPは食品を製造や加工する工程の各段階で発生しそうな微生物による汚染の危害をあらかじめ分析して、どの段階でどのような対策すれば安全な食品を作ることができるかと言う重要管理点を定めて連続的に監視する手法です。その重要管理点に該当するものとして殺菌のための熱処理などがあります。その殺菌温度や時間は重要な項目であり連続的に監視が必要です、その監視機器の校正は必須になります。その校正の適正さを証明するために有効なのがjcssの校正証明書です。この証明書は相互承認を締結している海外の国でも有効です。食品の安全を守るためにもjcss校正サービスは有効です。