jcssでお困りの方への相談窓口

jcssは、Japan Calibration Service Systemの略称で、計量法を基本とした日本の校正事業者登録(認定)制度のことです ISO 17025に準拠した国家標準器にてトレーサビリティのある校正を行なうための制度であり、経済産業省と同省の独立行政法人製品評価技術基盤機構NITEが所管しています。 トレーサビリティとは、「不確かさがすべて表記された切れ目のない比較の連鎖によって、決められた基準に結びつけられ得る測定結果または標準の値の性質」と定義されています。 ここで言う基準については、一般的に国家標準または、国際標準です。 過去には、標準器又は計測器がより高度の標準によって次々に校正され国家標準につながる経路の確立している度合とJISが定義されていましたが、ISOとの整合性のために前述の定義に変更されました。

計量検定との違いはどこにあるのか

一般的にたとえ行政が監督している検定制度であっても、jcssとは違う制度だった場合はISO 17025に準拠した校正とはなりません。中にはjcssの認定事業に加わっており、認定事業者である検定所の場合もありますが、それはたまたまですので、やはり計量検定とjcss校正とは異なる制度となります。そのため、測定器が計量検定を合格したとしてもISO17025準拠かどうかを保証してもらいたい場合は、改めて認定事業者に測定してもらう必要があります。もし、手続きは一回で済ませたい、ちゃんとした認定事業者にお願いをしたいという場合には、相談窓口というのが設けられていますので、そちらに相談しましょう。どういった手順でどう依頼をすればいいのかなど、詳しく丁寧に教えてくれます。

従来の一般的な校正との異なる点

従来の校正は、第三者が一般的に知られているIECやJIS規格などの基準によって評価や認定していたものではありません。 以前は校正を依頼する側と校正を提供する側との信頼関係により、校正の能力や技術が認められていたわけですが、ISO 9001の品質マネジメントシステムが日本に導入されて以降は、ISOの認証機関などの第三者により検定を受け、その結果校正証明書を発行してもらう必要があります。 ISO/IEC 17025を認定基準とし、校正を提供する側の校正の能力や技術をNITE認定センターが国に代わって審査を行ない登録する仕組みです。 そのため、NITE認定センターが第三者となり、校正の能力や技術を認めたことによって校正証明書が信頼されているということになります。